2016-10-06

ゼロから1の作り方。

 

 

いま、まだ自分はゼロだ・・・・

と、思ってる場合でも、

考え方をかえるだけで、

一歩すすめるし、1を創り出せると思います。

 

考え方を変えるだけだから、

カンタン♡

 

 

いっこまえの記事で、

実績の作り方、というのをご紹介しました。

 

 

実績・・・ということは、

もう、1にも2にもなっていることがらなわけだけど

わたしの

独立前の実績、

これを実績とするか?しないか?の差、だけな気がしています。

 

 

たとえば、

お菓子作りが好き♡

なのは、小学生の頃からなので、

わたしのお菓子作りの実績は、独立前の時点で20年くらいはあります。笑

これを、

実績と言えるか?

実績と言えるといえば言えるし、言えないといえばいえないけど、

実績に生かすことは出来る。という考え方。

 

 

小学校の時から20年以上お菓子を作り続けています!

は、実績として使えると、わたしは思っています。

 

 

だって、

その事実がなかったら、

今が無いから。

その好きなことを続けてきたから、

もっとこうなりたい!みたいな夢につながってきたから。

実際にどうやって活用するかというと、

たとえば、

プロフィールに、

『小さなころからお菓子づくりが好きで、』

と、自分の経歴の味付けにも使えます。

そうすると、

あ、この人は好きでこういうことやってるんだ

と、クライアントは思ってくれます。

好きでやってる人は、

その事柄が好きだから、前向きだし一生懸命やってくれる、良いものをつくってくれる

という、期待を持たせることができます。

また、好きだからこそクオリティも高いことが多い。

だから、仕事に生かせる。

そういう、

ゼロから1にしていくのって、

考え方一つなのかなと思います。

何かアイデアを膨らませたいとき、

たいした事じゃないかもしれないことでも、

自分が大事にしてたり、

いいな!と感じることには、

あなただからこその『価値』がつまっていることが多いとおもう。

それが、

誰にも負けない、

何かと比べられても魅力がキラリと光って、

選ばれるためのことに

つながったりします^^

mina

【SRCクリエイティブカレッジminaのプロフィール】

mina  神奈川在住/グラフィックデザイナー/フードコーディネーター

デザイン事務所で会社員デザイナーとして11年勤務。ママ向け子ども向けの広告媒体のデザイン制作を手がけ続けて独立。担当した企業案件でのデザインやスタイリング、企画などで売上げがトップになる、受注件数が大幅にのびるなどの数字での実績や成果を出しつづけている。また、小さなお店やお教室など個人事業主のためのおしゃれで可愛いブランディングデザインの制作では、マーケティングを考え実際に成果につながるツールデザインで人気教室につながるアイテムやブランディング制作を提案し人気に。独立後2年間で100件以上のツールのデザインを企画制作してきた。

SRCクリエイティブカレッジではひらめきをカタチにして夢を叶えて楽しく幸せになる女性のための発信をしています。


広告
関連記事