2016-10-17

”企画”を想定してコンテンツをつくる♡営業術

企業営業シリーズです。笑

営業に欠かせない名刺。


名刺は宝。
by わたしの尊敬する先生のことば

企業の担当者さんの、リスト(名刺)です♡

企業とお仕事したい方で、

何からしたらいいかわからない方って、

結構いるかも?

とおもって、

そんな行動のきっかけになればと、きのうブログで、こんな記事を書いたのですが、

何を発信したらいいか迷ったら、こんなのもおすすめです。

 


”企画”を想定してコンテンツをつくる♡

 

これって、企画だけじゃなくて

わたしがおすすめしてる『ブランディング』の一つにも当てはまることなのですが。

 

 

こんな仕事がしたい!って、おもったら、

それってどんな企画があるかを考えてみることをおすすめします。

 

企業があなたに依頼するときは、

絶対、なにかしらの『企画』を形にするために、依頼してきますから。

 

なので、先回りして形にすることが大事で、

もし、まだ実績がないなら、実績作りにもなります。

 

こちらの記事もおすすめ♪
●実績の作り方。

 

そうそう、

実績が無い場合、依頼しようというきっかけにも上がらないし、

そもそも見つけられないので、まずは実績をつくることって大事なんです。

 

実績って、

企業とお仕事したことだけが実績ではないです。

自分ができること、してきたことが全部実績になります!

だから、まずは、やりたいことをカタチにしてしまうことが大事です。

デザイナーでいえば、ポートフォリオとして作品づくりをすること。

 

そういう、モノでもいいし、

ネタ でもいいわけです。

 

ネタなら、それを企画して、実際にやってみて、レポートつくってもいいし。

コラムにして、ホームページに連載し続けてもいい。

プロだからできることを、自分らしい切り口で表現し、アウトプットしていくことが実績になります。

 

 

もちろん、

仕事として実績がつまれれば、それはちゃんとお仕事の実績として見せていきます。

 

あとは、

戦略的に、こういう仕事がしたいからこういう企画をたてる。

みたいに、欲しい仕事を先にカタチにして、それを売り込むのもとっても有効です。

 

だって、

もうできてるから、それ欲しい!っておもってもらえれば、

お仕事ゲットできてしまう。

 

依頼の窓口は、

紹介・ホームページからの検索・自分から売り込むなど、いろいろあります。

 

でも、売り込むネタや見つけてもらうネタは、

ちゃんと用意しておかないと、はじまらないのですよね。

 

まずは、自分がやってみたいことを

企業クオリティでつくることからはじめてみるとよいとおもいます^^

 

 

ひとつ例をあげると。笑

テラリウムを題材にしたコンテンツ制作例

 

いまは雑貨やさんにテラリウムって、いろいろ材料でてますが、

それよりちょっと前の段階で、

『テラリウムを楽しむ企画』が、企画会議で通り、

それを形にできる人を広告代理店が探していました。

 

その時、可愛いくおしゃれにテラリウムをつくって、

ワークショップを開催しているお花屋さんを発見して、

依頼しました。笑

発信してなかったら、お願いできない。

そして、

たとえば、そういう企画のお仕事もお受けできるってことが

ちゃんと表示されてたら、安心してお願いもできそうですよね。

あなたなら、どんな企画を考えて、

自分らしいコンテンツを組み立てられそうですか?

そして、

それを欲しい!とおもってくれるのはどんな企業さんでしょうか?

考えてみてくださいね。

 

【SRCクリエイティブカレッジminaのプロフィール】

mina  神奈川在住/グラフィックデザイナー/フードコーディネーター

デザイン事務所で会社員デザイナーとして11年勤務。ママ向け子ども向けの広告媒体のデザイン制作を手がけ続けて独立。担当した企業案件でのデザインやスタイリング、企画などで売上げがトップになる、受注件数が大幅にのびるなどの数字での実績や成果を出しつづけている。また、小さなお店やお教室など個人事業主のためのおしゃれで可愛いブランディングデザインの制作では、マーケティングを考え実際に成果につながるツールデザインで人気教室につながるアイテムやブランディング制作を提案し人気に。独立後2年間で100件以上のツールのデザインを企画制作してきた。

SRCクリエイティブカレッジではひらめきをカタチにして夢を叶えて楽しく幸せになる女性のための発信をしています。


広告
関連記事